スポンサーリンク

Amazonが本、漫画、雑誌などが読み放題になるサービス「Prime Reading(プライムリーディング)」を日本でも提供を開始しました。

またしてもプライム会員であるメリットが増したわけですが、実際にどんな作品が読めるのか、Kindle Unlimitedとの違いも紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazon Prime Readingとは

Amazonがプライム会員向けに2017年10月5日にサービスした本、漫画、雑誌の読み放題サービスです。

Amazonが販売している電子書籍リーダーの「Kindle」だけでなく、無料のKindleアプリをインストールするとスマートフォンやタブレット、PCなどの端末で利用することができます。

プライム会員であれば利用は無料

 

AmazonのKindle Unlimitedとの違い

Amazonの読み放題サービスと言えばKindle Unlimitedもありましたが、Prime Readingとの違いは3つ。

Kindle Unlimitedはプライム会員でなくても利用できる
Kindle Unlimitedは月額980円と有料である
Kindle Unlimitedの方が作品数が多い

Kindle Unlimitedは有料なだけあって、サービスの質がPrime Readingより高くなっています。

 

Prime Readingで読める作品

現在、Prime Readingで読める作品は全部で694作品。以下が詳しい内訳。

小説・評論 (100)
ビジネス・経済 (112)
趣味・暮らし (87)
絵本・児童書 (25)
コミック (190)
雑誌 (96)
洋書 (200)
その他 (121)

それぞれのジャンルでどんな作品があるのかいくつかピックアップして紹介します。

小説・評論

ビジネス・経済

趣味・暮らし

コミック

雑誌

その他

 

Amazonプライム会員であるメリットが増した

次々にプライム会員向けのサービスが増えていくAmazonプライム会員。

他にも映画も放題のプライムビデオや、音楽聴き放題のプライムミュージック、Amazonでの注文時にお急ぎ便、お届け日時指定便が無料で使えるなどのサービスが年額3900円(税込)または月額400円(税込)で利用できます。

まだプライム会員でない方には30日間の無料体験もあるので、まずはAmazonプライムのサービスを体験してみてはいかがでしょうか。

学生であれば、年会費1900円(税込)でAmazonプライムよりさらにお得なサービス満載のAmazon Prime Studentが利用できます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

カテゴリー : WEB