GOODS

HARIO(ハリオ)のV60ドリッパーにはコーヒーを美味しくドリップできる秘訣がたくさん詰まっていた

投稿日:

夏も終わり、少しずつ気温が下がり始めるとアイスコーヒーよりホットコーヒーを飲みたくなってきますよね。

家でも美味しいホットコーヒーをハンドドリップする時にはドリッパーが必要不可欠。そこで有田焼のドリッパーを見つけたので購入してみました。

スポンサーリンク

決め手は有田焼の磁器製と円すい型であること

これまでコーヒードリッパーは安いプラスチック製のものを使っていたのですが、もっと本格的に美味しいコーヒーをハンドドリップしたいと思っていました。

そこで見つけたのが数々のコーヒー器具を販売しているHARIO(ハリオ)のV60ドリッパー。HARIOの製品は以前にも購入しており、お気に入りのメーカーです。

購入の決め手は二つあり、まず一つは有田焼であること。日本の有田焼であれば丈夫で作りにムラもないだろうなと思ったので安心感がありました。
もう一つは、円すい型であること。深い構造になるため、コーヒー粉がお湯と触れる時間が長くなり、結果的に成分をしっかりと抽出できます。

パッケージの中には、ドリッパーと計量スプーン、説明書が入っていました。

 

スパイラルリブと大きい穴が美味しくドリップできる秘訣

HARIOのV60コーヒードリッパーの特徴は一目瞭然ですが、スパイラルリブと呼ばれる凸が内側に入っていること。これによりペーパーフィルターとドリッパーが密着しないので、蒸らす時にこの空間から空気が抜け、コーヒー粉がしっかりと膨らみ美味しく淹れることができます。

また、ドリッパー底面の大きな穴も特徴の一つ。これによって抽出量に制限を受けないため、お湯を注ぐ速度で自分好みの味にドリップすることができます。

 

コーヒーショップも使うドリッパーで淹れるコーヒーは格別

このHARIOのコーヒードリッパーは価格は1500円ほどと決して高くはないものの、とあるコーヒーショップやカフェも使うくらいの立派なもの。

大きさも2種類(1~2杯用と1~4杯用)あり、用途に合わせて選ぶことが可能。コーヒーを1杯しか入れないような人でも、大き目のカップを使うなら1~4杯用を購入した方がいいかと思います。

プラスチック製のドリッパーに比べて見た目もいいですし、洗いやすくて機能性もいいのでコーヒーにこだわりのある方は買いでしょうね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

-GOODS

執筆者: