スポンサーリンク

自宅でホットコーヒーを淹れる人は多くても、アイスコーヒーは市販のボトルのものを買ってきて飲むという方は多いはず。僕自身ずっとそうでしたが、コーヒーの消費量がすごい上に、もっと味にこだわってアイスコーヒーを飲みたくなったので、今年は自宅で水出しコーヒーを作るようにしてます。

手間をかけずに水出しコーヒーを作れて、洗うのも楽なコーヒーボトルが欲しいと思っていたときに出会ったのがHARIOのコーヒーボトル。

毎日欠かすことなく使っている、そのコーヒーボトルをレビューしていきます。

スポンサーリンク

HARIO(ハリオ)の水出しコーヒーボトルをレビュー

そもそも水出しコーヒーとは、熱湯を使わずに水でじっくりと時間をかけて抽出したコーヒーのこと。最近はコールドブリューとも呼ばれていますね。
熱を加えないことでコーヒー豆、粉の持つ本来の美味しさを存分に発揮してくれる抽出方法です。

HARIOはコーヒー器具を多く取り扱っているメーカー。おしゃれで使い勝手が良いものが多く人気があります。

耐熱ガラスだから水出しコーヒー以外の用途にも使えそう。

容量は1リットルなのでそれなりに大きさを感じます。取っ手が付いているから注ぎやすくていいですね。

これはストレーナーと呼ばれるフィルター付きの粉入れ。白い部分はきめ細かいフィルターになっていて粉が詰まることもないから洗いやすい。

 

実際に水出しコーヒーを作っていく

それでは実際にHARIOのコーヒーボトルを使って水出しコーヒーを作っていきます。

今回、利用したコーヒー粉は以前紹介したLOHACOのアイスコーヒー専用粉。

ストレーナーにコーヒー粉を入れていきます。1リットル分作るならコーヒー粉は約80gが目安。

そうしたらストレーナーをボトルにセット。この際に丸い窪みがある部分を注ぎ口に合わせることで、ストレーナーが動くのを防ぎます。

水を注いでいきます。水の量は200mlごとにボトルに目安がマークされているのでそれを参考に。

水を入れたらスプーンなどで混ぜます。あとは冷蔵庫に入れて8時間待つだけ。

寝る前に入れれば朝には完成しています。早速、完成した冷たいアイスコーヒーをグラスに注いで飲んでみました。

爽やかでまろやかな味のアイスコーヒーに仕上がっていて美味しい。僕は少し濃いめに作って氷を入れて飲むのがお気に入りです。

 

手入れと使い勝手の良さが魅力なコーヒーボトル

熱湯いらずでここまで美味しいコーヒーが抽出できるのはコーヒー好きにはたまらないですね。本当にスーパーで市販のボトルコーヒーを買うことがなくなりました。

ストレーナーもボトルも洗いやすいので何度も使いたくなります。ストレーナーは丈夫そうに思えますが、替えも売ってあるので、もしもの時も安心ですし長く使えそう。

美味しい水出しコーヒーを手軽に作りたい方は試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

カテゴリー : GOODS