スポンサーリンク

海外旅行先で日本の電化製品を使う際に必ず必要になるコンセントの変換プラグ。国や地域ごとにコンセントプラグ形状もバラバラで、どの国がどのタイプなのか、それごとに変換器を用意するのは面倒ですよね。

どんな国でも使える万能タイプのコンセント変換器が欲しいと思っていたところに出会ったのが「TriPlug」という製品。実際にオーストリアとUAEでの旅行に持っていきましたが超便利でした。

TriPlugをレビュー

パッケージの中にはTriPlug本体と、巾着袋、取扱説明書兼保証書が入っていました。

コンパクトな直方体型で重くないので旅行にも持っていきやすくていいですね。

背面にはUSB端子が2つとコンセントプラグのタイプを分けるためのレバーが付いています。USB端子は最大出力2.1Aで実用性もありますし、コンセントプラグを要することなくスマホなどの充電ができるのは便利。

主にヨーロッパなどで使うときにはこのプラグ。

アメリカやカナダなどの北米で使うプラグ。

レバーを押しながらプラグを傾けると、オーストラリアやニュージーランドなどのオセアニアで使うタイプのプラグに。

ここにコンセントプラグを繋いで変換します。形を見ればわかりますが、日本→海外のプラグ変換だけでなく、海外→海外のプラグ変換も可能。

実際に日本のコンセントを差してみました。すんなり差さるし抜けることもなかったです。

 

TriPlugは203の国と地域で使える

TriPlugは以上で紹介したように万能な変換器なので、なんと世界203の国と地域で使うことができます。

日本人がよく行くであろう、ハワイや韓国、台湾はもちろんアフリカなどの国でも使えるので、このTriPlugが使えないことはまずないでしょう。

ただ、注意したいのはTriPlugには変圧機能がない点。例えば100Vのみ対応の電化製品を海外で使う際にはこの変換器に加えて、変圧器が別に必要になります。そうは言っても最近は多くの電化製品が100V~240V対応で売ってありますし、ほとんどの場合は必要ないはず。

 

頻繁に海外へ行くならマストなアイテム

海外に行った際に、一緒に行った他の友人の持っていたコンセント変換器は煙が出たり、故障していましたが、このTriPlugはそんなこともなく使えました。悪質な変換器ではないことも身を持って実感しました。

例えば、海外旅行でも一カ国しか行かないのであれば、その国でのみ使えるタイプのもっと小型で軽い変換器で十分かもしれませんが、何カ国も行く場合ならこのような万能な変換器を持っておくべきですね。2000円以下で買えますし、どんな国でも使えることを考えれば決して高くないはず。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします