スポンサーリンク

student

通信費に高いお金払っていませんか?

docomo、au、softbankなどの3大キャリアで携帯電話の契約をしているとどうしても通信費が高くなってしまうと思います。

しかし、僕はインターネット回線の通信費を合わせても月に約6000円ほどしかかかっていません。

おそらくキャリアで契約している人は携帯料金だけでこの額を超えていますよね?

ここまで通信費を節約するためのコツを教えます。

通信料を12000円から6000円に削減

docomoで契約していた時には、月々約8000円ほど払っていました。

DMMモバイルにMNPで乗り換えてからはこの携帯料金が月々約2100円になったんです。

約6000円も削減できてしまいました。

参考 【格安SIM】docomoの解約金を払ってまでDMM mobileに乗り換えた理由

また、僕は外出先でもインターネット環境が必要な時が多々あるため、フレッツ光などの固定開園ではなくWiMAXのギガ放題プランを契約しています。

3日で3GBを使うと速度制限にはなるものの、YouTubeの標準画質が問題なく見れる程度の通信速度とUQ WiMAXが言っている通り、遅さはあまり感じません。

それもあって、家でインターネットを使うときにもWiMAXがあれば十分だと感じています。

このWiMAXは約4000円のため、スマホのDMMモバイルと合わせても約6000円で済むということです。

docomoを契約していた頃と比べても圧倒的に安くなっていますよ。

WiMAXはPEPABO WiMAXを利用していますが、僕はGMOとくとくBBをおすすめします。

最大28990円のキャッシュバックがありますし、月額3609円から利用することができます。

家でしかインターネットを使わないなら固定回線でもいい

僕は外出先でもインターネットを使うのでWiMAXにしましたが、家でしか使わないのであれば固定回線でよいと思います。

WiMAXより安価なことが多いですし、通信も安定しています。

あと家族がおり何人かでインターネットを利用するときも固定回線の方がいいでしょう。

固定回線ならU-NEXT という会社が提供しているフレッツ光が良さそうですね。

1戸建てなら月額4980円、マンションなどの集合住宅なら3910円です。

最大通信速度1Gbpsという高速通信はWiMAX2+の220Mbpsの比にもならないぐらいの速さなのでいいですね。



コストカットできるものはするべし!

食費や光熱費などはカットしようと思ってもなかなかできないもの。

しかし、通信料は簡単にカットできます。

まずはdocomo、au、softbankを解約して格安SIMに乗り換えましょう。

格安SIMと3大キャリアとの料金差ほどサービスに差はないです。

特にDMMモバイルは評判が高くて、繋がらないことや通信速度が遅いこともほとんどありませんよ。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします