スポンサーリンク

まだスマホを充電するのに純正の充電器(ACアダプタ)を使っているの?

とは言いませんが、ACアダプタはモノによって充電スピードが早くなるのを知っていますか?

自宅で充電する時間があまり取れなかったとき、出先のカフェでちょっと充電するときなんかに短い時間でより多く充電できていれば嬉しいですよね。

私は効率よく充電するためにAnkerのUSB急速充電器を買ったので、実際にどれくらい充電スピードが早くなったのか実験してみました。

スポンサーリンク

AnkerのUSB急速充電器とは

まず、Ankerというブランドに聞きなれないかもしれませんが、欧米で人気を誇り、日本でもAmazonを中心に多く支持されている主にモバイル製品を取り扱っている会社です。

Ankerのモバイルバッテリーを持っている人は多いのではないかと思います。

そんなブランドなので非常に信頼でき、なおかつ低価格なので僕もAnker製品は他にも持っています。

今回、紹介するAnker20W USB急速充電器はAnker独自の技術「PowerIQ」という機能があり、接続された機器を自動的に検知しフルスピード充電が可能です。

そして、Anker20W USB急速充電器の詳しいスペックは、

[入力] 100-240V

[出力] 5V / 2.4A x 2 (合計最大4A)

[出力ポート数] USB x 2

となっています。2.4A×2(合計最大4A)ということは、2ポート使っているときはそれぞれが2Aの出力になってしまうということです。この出力は数値が大きければ大きいほどいいので、1ポートのみを使って充電する方が効率がいいということですね。

側面はこんな感じ。高さ4.7cm、幅5.5cm、奥行2.6cmでコンパクトな充電器です。

USBポートはこんな感じ。

コンセントプラグは収納可能なのでこれまたコンパクト。

 

 

充電スピードを比較してみる

さあ、いよいよ2つの充電器(ACアダプタ)を用いて充電スピードを比較していきますよ。

AnkerのUSB急速充電器と普通の充電器のスペック

  • AnkerのUSB急速充電器:【出力】5V / 2.4A
  • 普通のUSB充電器:【出力】5V / 1.0A

ルール

  • スマホの電池残量15%からスタート
  • 時間は30分間
  • AnkerのUSB急速充電器に差し込むケーブルはAnkerの急速充電対応のものを使用

普通のUSB充電器で充電スタート

ちなみに、今回使用する普通の充電器はWiMAXのWX01に付属していた充電器です。

iPhoneを買った時についてくるACアダプタなんかも同じようなスペックかと思います。

さあ、タブレットのタイマーを使って30分きっちり計ります!

-充電開始30分後-

15%→29%に

つまり、30分で14%充電することができました。

 

AnkerのUSB急速充電器で充電スタート

さて、ついにAnkerのUSB急速充電器で充電します。

こちらも先ほどと同様にタイマーで30分計測。

-充電開始30分後-

おーっ!

15%→37%に!

つまり、30分で22%充電することができました。

 

充電30分で8%の差がうまれた

結果的に普通のUSB充電器で充電するときに比べて、AnkerのUSB急速充電器で充電すると8%も多く充電することができるという結果になりました。

たった30分でこれだけの差が生まれましたし、AnkerのUSB急速充電器の充電の効率の良さは確かですよね。

 

AnkerのUSB急速充電器は種類が豊富

私はAmazon限定のモバイルバッテリーとUSB急速充電器のセット商品を買ったので充電器の種類を選べなかったのですが、私の持っているUSB急速充電器のほかにもAnkerには様々なタイプの充電器があり用途にあわせて買い求めることができます。

 

これは一見同じように見えるかもしれませんが、20WのUSB急速充電器のアップグレードモデルで、最大出力が20W充電器の4A(1ポート最大2.4A)から4.8A(1ポート最大2.4A)になっており、2ポート使用しているときも最大の充電スピードで充電することができます。

また、VoltageBoostという電圧調整テクノロジーが搭載されていて出力電圧を自動で調整し、ケーブル毎に最適な速度で充電することができるんです

これも20Wの急速充電器にはなかった機能ですね。

 

4ポートのものがこちら。

合計最大出力8A(1ポート最大2.4A)なのでもし全ての端子を使って同時に充電する場合には2Aしか出ません

 

続いて5ポート。

合計最大出力は8Aなので4ポートのものと同じです。

 

「どれだけあるんだよ」って感じですが最後に6ポート。

合計最大出力12A(1ポート最大2.4A)なので5ポートまでの使用なら最大出力で充電できるのがいいですね。

 

数あるAnker急速充電器の中でおすすめは24Wの2ポート

やはり使い勝手のいい2ポートがおすすめです。

スマホ2台持ちやタブレットなども使う人は4・5・6ポートのものが良いでしょう。それ以外の人は2ポートあれば十分でしょうね。

結果的にAmazonで売れているのは以下の2ポートタイプのもののようです。

もう二年以上使っていますが、故障することなく使えています。コンセントプラグの部分を折りたためるので、携帯性もいいですし、家用と外出用の2つ持っていてもいいかもしれませんね。

急速充電器で充電時間を短くして効率的に充電しましょう!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします