スポンサーリンク

pc

このブログはWordPressで構築したものでレンタルサーバーを利用して運営しています。

レンタルサーバーといっても種類は多く、どれを選べばいいかわからないことも多いことでしょう。

安いからロリポップを選ぶ人は多いと思いますが、ヘテムルと比べてわかったロリポップとヘテムルの比較をしていきますよ。

ロリポップとヘテムルのスペック

ロリポップ

プラン 月額料金(1年契約の場合) 容量 マルチドメイン WordPress利用可否
エコノミー 100円 10GB 20個 不可
ライト 250円 50GB 50個
スタンダード 500円 120GB 100個
エンタープライズ 2000円 400GB 無制限

エコノミープランはWordPressは使えませんが、ライトプランなら250円からWordPress利用ができます。

個人で利用するならせめてスタンダードプランで十分でしょうね。

初期費用もエコノミー、ライト、スタンダードプランは1500円と低め。エンタープライズプランでも3000円です。


ヘテムル

月額料金(1年契約の場合) 容量 マルチドメイン WordPress利用可否
1500円 256GB 無制限

2年契約なら1375円、3年契約なら月額料金1000円にはなるものの1500円はロリポップと比べて圧倒的に高い。

容量は256GBもあるので十分だし、マルチドメイン無制限もさほど必要さを感じない。

初期費用も3950円と高め。


ロリポップのメリット

これはやはり安価でWordPressを運用できるということ。レンタルサーバー初心者ならロリポップにしておけば後悔することはないんじゃないかと思いますね。

ロリポップのデメリット

これは、ヘテムルと比べても少し読み込み速度が遅いように感じます。あと、同時にアクセスが集中するとサーバーが落ちて閲覧不可能になりやすいです。

管理画面の見づらさもマイナスポイントですね。

ヘテムルのメリット

ヘテムルは管理画面も見やすく、FTPシステムも触りやすい。

WordPressでのブログ開設もサクサクできますね。

ヘテムルのデメリット

1年未満契約では月額料金が1500円と少し高めですね。ブログを開設したばかりだと1年分も払うのは躊躇してしまうと思いますし。

初心者ならロリポップ、中級者以上ならヘテムル

やはり月額料金から見てもWordPress初心者ならロリポップ!を選ぶのが賢明でしょうね。
ヘテムルはかなりの記事数や複数ブログ・サイト運営する人には容量の面から言ってもおすすめだと思います。

他のレンタルサーバーまとめ

ロリポップとヘテムル以外にも他にもレンタルサーバーはあります。

エックスサーバー




ブロガーやアフィリエイターも多く使っているレンタルサーバー。月額料金1000円ながら容量は200GB、高速性もしっかりあるのでコスパがかなりいいみたいです。

wpX



WordPressでの運用に特化したレンタルサーバーだから高速かつサポートも充実しています。
過去14日間のデータの自動バックアップ機能や不正ログイン防止機能などもあって安心してWordPressのサイトを運用することができます。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします