スポンサーリンク

スポーツ時や通勤通学時の利用で人気なBluetoothイヤホン。
やはり重視する点として「付け心地」は必ずあることでしょう。

今回は耳へのフィット感が抜群に良いQCYのQY19をE&Cストアーさんから提供していただいて、実際に使ってみたのでレビューしていきます。

スポンサーリンク

QY19のスペックや仕様

Bluetooth 4.1
重さ 15g
充電時間 2時間
オーディオコーデック apt-X
連続再生時間 5時間
重さ 12g

apt-Xは従来のSBC方式に比べて5分の1の圧縮率のため音質劣化が少なく高音質で音楽を聴くことができます。

 

QY19のパッケージや外観

早速、QY19を開けていきましょう!

QY19のパッケージと同梱物

無駄のない超シンプルなパッケージ。

箱を開けると、同梱物等が出てきました。

右上からイヤホン、MicroUSBケーブル(1m)、日本語説明書、MicroUSBケーブル(15cm)、イヤーフックとイヤーピース、結束用ピース。

結束用ピースに加えてイヤーピースは4種類、イヤーフックは2種類入っています。これだけイヤーピースがあれば自分の耳の穴に合わないということもなさそうだし、イヤーピースを紛失してしまった場合も安心ですね。

 

QY19の外観

QY19はケーブルの長さも絶妙にちょうどいいように感じます。

QCYのロゴとそれを囲むさりげない輝く金属デザインがクールですね。

イヤーフック含めて特徴的な形をしていますよね。きちんとLやRの左右を示す表示も見やすい位置にあって便利。

電源や音量を調節するリモコン部分。+の横に見える小さな穴はマイクで、ハンズフリーでの通話にも対応しています。見えていませんが、反対側にMicroUSBの充電用端子が付いています。

実際に装置着してみました。イヤーフックがしっかりと耳にフィットするので激しく動いても全く外れないですね。

 

QY19は3000円以下で買える高コスパイヤホン

装着してまず感じたのが付け心地が物凄くいいということ。イヤホンが12gと軽量なのもあって付け心地が自然なんですよね。

音質に関しても自然だなと。変に高音や低音を強調するようなことをしていないのでバランスがいいですね。ボーカルの音がスーッと耳に入ってきて心地よく音楽を聴くことができます。

バッテリー持ちは他のBluetoothイヤホンと比べても少し悪いですね。そうは言っても、5時間以上は持つので通勤通学時に使う程度なら十分ですよね。

E&Cストアーで買った場合に限り、イヤホンやAndroidスマホの充電なんかにも使えるMicroUSBケーブル(1m)が付属するのでお得です。
E&Cストアーでは2750円(2016/11/26時点)で購入することができますし、安くて気軽に使いやすいBluetoothイヤホンをお探しの方は検討してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします