スポンサーリンク

ゴールキーパーにとって最も大切なのがゴールキーパーグローブですが、きちんと自分に合ったものを選べていますか?

ゴールキーパー歴数年(本職はFW)の僕がゴールキーパーグローブの選び方を経験をもとに書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ポイント①自分に合ったゴールキーパーグローブのサイズを知ろう

ゴールキーパーグローブで最も重要なのがサイズです。
必ず自分に合ったサイズのものを買いましょう。
サイズが大きすぎたり小さすぎると突き指等の怪我のリスクも高まるのでよくありません。

サイズの測り方は手を自然に広げて、下の写真のように赤い矢印のところが何センチなのかを調べましょう。

その長さをもとに以下の表を使って自分に合ったサイズを見つけてみてください。

長さ(mm)サイズ
~57.53
57.5~62.54
62.5~67.55
67.5~72.56
72.5~77.57
77.5~82.58
82.5~87.59
87.5~92.510
92.5~97.511
97.5~10.2512

 

ポイント②ピッチ・用途にあわせたものを買おう

練習用か、それとも試合用なのか。
ハードグラウンド(土のグラウンド)で使うのか、芝のグラウンドで使うのか。
それだけでも選ぶゴールキーパーグローブは変わってきます。

ハードグラウンドで使う練習用なら耐久性が優れたものを選ぶ必要があるので、ラバーの硬いものにしましょう。
これらのゴールキーパーグローブは比較的安いため買い替えやすいというメリットもあります。

試合用ならラバーの柔らかいものを選ぶべきだと思います。
耐久性は劣りますが、滑りにくく性能がいいです。

また、市販のリペア剤を使えばそこそこ長持ちするので必ず手入れするようにしてください。

 

おすすめのゴールキーパーグローブは?

私が使っているものはアディダスのACEコンペティションというモデルで、マンチェスターユナイテッドのデヘアやサガン鳥栖の林が使っているものとほぼ同じデザインです。

価格もそんなに高くなく、初心者から中級者向けのゴールキーパーグローブだと思います。

指の部分が立体構造になっていて、全体的にフィット感もよいので気に入っています。
手首の締め付け具合もちょうどよくてキャッチしやすいですね。

ボールも吸い付くようにキャッチすることができます。

その様子の動画を撮ってみました。

 

ゴールキーパーにとって手は命

ゴールキーパーはプレーするうえで手が命です。
手を怪我してしまうとプレーもできなくなりますし、やはり自分に合ったゴールキーパーグローブを選ぶことが大切です。

消耗品ではありますが、必ず使うものだからこそきちんとしたものを選びたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

カテゴリー : GOODS