スポンサーリンク

WordPressでのローカル環境開発はMAMPで行う方法が有名ですが、さらに簡単に環境構築をすることができます。

それがVCCW。VagrantとChefベースの開発環境です。

このVCCWの環境構築の方法を順に説明していきます。環境構築や難しいことがよくわからない人にも簡単にできるので、やってみてくださいね。

スポンサーリンク

VCCWとは

VCCWとはVagrant、Chef、CentOS、WordPressの略

Chefとはサーバー設定ツールのことですが、これは特に理解していなくても問題ありません。というか、VagrantやCentOSに関しても詳しいことを知らなくても環境構築はできてしまいます。それくらい簡単なのです。

 

VCCWでの環境構築の方法

まず、事前準備としてVagrantとVirtual Boxをインストールしておく必要があります。インストール済みならOKです。

Vagrant

Virtual Box

MacであればVagrantのプラグインである「vagrant-hostsupdater」を下記コマンドでインストールします。

$ vagrant plugin install vagrant-hostsupdater

「Vagrant Cloud」というVagrantで使えるboxのクラウドサービスを利用して、VagrantのBoxを追加します。

このBoxのラインナップが気になる方は以下を見てみてください。

今回は「miya0001/vccw」というBoxを使います。

$ vagrant box add miya0001/vccw

ダウンロードが完了するまで少し時間がかかります。以下が返ってきたらダウンロード成功。

==> box: Successfully added box 'miya0001/vccw' (v2.19.0) for 'virtualbox'!

そして、いよいよVCCWのダウンロード。ここではディレクトリ名を「wp_sample」にしていますが、これは任意で決めてOK。

$ git clone https://github.com/vccw-team/vccw.git wp_sample

cdコマンドで「wp_sample」ディレクトリに移動。

$ cd wp_sample

そして、defalt.ymlをsite.ymlとしてコピーし、wp_sampleに移動。

$ cp wp_sample/provision/default.yml wp_sample/site.yml

最後に以下コマンドでvagrantを立ち上げたら、http://vccw.testhttp://192.168.33.10でWordPressのトップページが表示されます。

$ vagrant up

「Hello World!」と表示されればOK。

管理画面には、http://vccw.test/wp-admin か、http://192.168.33.10/wp-adminから入れます。

設定をカスタマイズする場合

IPアドレスやホスト名の変更等をしたい場合にはsite.ymlを書き換えていくことになります。

langの部分はen_USからjaに変えておいた方がいいですね。日本語化されます。
あとはこだわりがなければほとんど変える必要はないはず。

変更を加えたら必ずターミナルで

$vagrant reload

を実施してください。これで書き換えた内容が反映されます。

やってみてどうでしたか?
WordPressは管理画面からでもテーマを直接編集できますが、エラーが起きるとサイトが表示されなくなるようなリスクがありますし、何よりもエディタのようにタブがないのでいくつものファイルを編集できないのがめんどくさい。
この方法で構築したローカル開発環境があると、そういう煩わしさも解決できるのでおすすめです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします