スポンサーリンク

f:id:da-deng:20170215020748p:plain

Gitのクライアントツールとしてよく利用されている「SourceTree」ですが、30日の無料試用期間終了後は登録が必要になります。この手順がどこにも書いてなくて自分自身大変な思いをしたのでシェアしておきます!

スポンサーリンク

「今すぐ登録」を押しても反応しない

SourceTreeを起動するとこのような表示が出てきました。
f:id:da-deng:20170215004307p:plain

「今すぐ登録」を押せば良さそうに見えるものの・・・押しても何も起こりません。閉じてもう一度やってみても変わらず。

仕方ないのでSourceTreeを提供しているAtlassianのアカウントを取得し「ライセンスを読み込む」も試してみても、「SourceTreeライセンスのダウンロード」を押すと404エラーが出てきてしまいました。

f:id:da-deng:20170215013442p:plain

ここでAtlassianのTwitterアカウントをチェックすると、以下のような記事がありました。

原因
最新版の SourceTree では、手動でのライセンスのダウンロード及びインストールが不要となっております。
そのかわりに、SourceTree のセットアップ時に一度だけAtlassian Accountにログインして頂く必要があります。

解決方法
壊れたリンクについては無視して頂き、こちらで紹介されている手順に従って SourceTree のセットアップを行って頂ければと思います。

つまり、ライセンスはダウンロードできないのでそれらが必要ない最新版をインストールしなさい、ということですね。指示通りにやってみることに。

 

SourceTreeをインストールしてセットアップ

SourceTreeのページから最新版をダウンロードしてください。

Zipファイルを解凍してアプリケーションを開きます。以下、手順を示すのでその通りに進めていってください!
f:id:da-deng:20170215015104p:plain

Atlassianのアカウントを認証する必要があります。このサインアップページからあらかじめ登録しておくと便利です。
f:id:da-deng:20170215015215p:plain

これでSourceTreeを使えるようになります。
f:id:da-deng:20170215015223p:plain

 

SourceTreeはGitを使うなら入れておきたいツール

2時間くらい調べては試行錯誤を繰り返してもうまくいかなかったので、諦めて他のツールを使おうかとも思いましたが、やはりSourceTreeが一番使いやすいです。

新たにインストールする人もこの手順でやっておけば試用期間終了後も引き続きしようすることができると思うので参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします